スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

右の・・・その・・・あの・・・

昨日の話である

ある酔っ払った人の話なんだけど

私が向かい側に座ってたんだ。

その人は酷く泥酔しているんだけど、それでもまだ喋れる気力はあるみたいで、何かを必死に私に訴えてきた。

しかし、何言ってるかわからない。

ちぐはぐな話を私は必死に聞く。



その人を今から再現しよう



「あの・・・ぼく・・ふられて・・・あの・・・うっ・・・・

遠くに・・・・いっちゃって・・・・

遠くて・・・遠くて・・・・


でも・・・遠くて・・・・・でもぉっ!!近くてぇ・・・」


何を言ってるのか、マイケルが急死したぐらい理解できない。


自分は振られて、その人は遠くに行くと。

でも、近くにまだいると。

テーブルには、同じく泥酔したおじさんが一名、右に座っていた。

その近くて遠くて男の次の台詞に、私は混乱した。


「あの・・・きいてくれます・・・?

その人・・・・

その人・・・とぉくて・・・近くて・・・

近い・・・右・・・


右のぉ

右の・・・・・


おじさんが・・・・
その・・おじさんが・・・みぎの・・・・




ガタンッ



右いいいいいいいいぃぃいいいぃいぃい





近くて遠くて男が、「僕アルバイトオオオ」的な感じで、右と叫びながらテーブルに乗り上げる



びびって大声を出す間もなく、すかさず後ろに緊急回避する私


近くて遠くて男は、叫んだ後

「ぁ・・・すいませぇん(ハート

と席につく。こいつ、何かに取りつかれてるのでは?と思わせる切り替え



その後

心配になって駆けつけた友達が、近くて遠くて男に声をかける


「ちょっとー大丈夫?もう手のビールはなそう?帰ろう?」


その近くて遠くて男は、片手にビールジョッキを持って

「急に驚かせちゃって・・・ぼくほんと・・・ほんと・・・

悪い事しました・・・ごめなさ・・・ごめなっ


ズルッ


バッシャーーーー


・・・」


仁王立ちで逃げもせず、正面からビールぶっかけ爆弾をくらう友達

おそまつ君の、シェーイのポーズで回避する私






友人「・・・・・・。

タオルでテーブル・・・ふいてもらっていい?ゆっきー・・・(ゴゴゴゴゴゴゴ」



ワタシ「あ・・・・はい・・・・・・(笑)」




怖い(笑)空気つめたい(笑)おそまつのまま固まるワタシ(笑)


とりあえずそのまま放置して帰ってきた。その男は友達に任せて、私は周りの掃除だけ済ませて帰宅




しっかし

あの近くて遠くて男のちぐはぐ話を全部繋げると


好きな人がいて
その人に振られちゃったんです。その人は遠くに行ってしまう事になったんですが、まだ近くにいるんです。
右に・・そう、つまり右のおじさん(ッポ



こうなるんスけど(笑)


( ;^ω^)・・・


泥酔になるまで、皆さん飲むのはやめましょう。

スポンサーサイト

2009年06月27日 リアル トラックバック(0) コメント(4)

つまりBLだ!!!!!

2009年06月27日 あおい URL 編集

呼んだ?

2009年06月29日 かえで URL 編集

>>泥酔になるまで、皆さん飲むのはやめましょう。
この部分はねーさん自身にどうぞ。

2009年06月29日 ふぇ URL 編集

BL最高ー★★★★

もう泥酔しません;;

2009年07月04日 ねいげ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。